「異材・不適合品ゼロ」を目指す、徹底した品質管理システム。
加工品でも、材料まで遡れるトレーサビリティを実現!

切断機の操作

材料発注から入荷、そして出荷までの工程管理を徹底。チャージ管理・ロット管理を実施し、万全のトレーサビリティ管理を行っています。また、入出荷時にPMI測定(簡易成分分析)を行い、異材流出防止の徹底に努めています。

  • 材料・加工品ともに、材料発注受入まで遡れるトレーサビリティ体制。
  • 万が一不具合が発生した際も、不具合ロットの特定が可能。
  • 各製品の記録は電子情報として管理。検査表や証明書の提出も可能。
  • AS9120認証の鋼種は、さらに厳しい管理基準を設けて最上級の品質を保証。

ノギス・各種ゲージ等のアナログな測定機器はもちろん、最新鋭の光学機器も多数保有。高度な検査体制を整え、徹底した品質管理体制を構築しています。
さらに、大学等の研究機関とも連携を行い、材料に関する様々な問題解決に取り組んでいます。

発注・仕入管理

当社で取り扱う鋼材は、様々な国や産業のお客様のニーズに対応できるよう、製鋼メーカーとの仕様書を綿密に取り交わして発注しています。これらの鋼材はISO9001に基づいた受入検査を実施し、確かな品質を保証しています。またAS9120認証の鋼種においては、さらに厳しい基準を設け徹底した管理を行っています。

ISO9001に基づく工程管理

鋼材・加工製品は、ISO9001に基づきご注文をいただいてから出荷するまでの工程において徹底した検品・進捗管理を実施しています。工程進捗と出荷後の検品記録はチャージ番号と社内ロット番号と共にシステムにて管理し、納期通りに確かな商品をお客様のお手元にお届けします。発注・仕入管理と同様にAS9120認証の鋼種においては、さらに厳しい基準で管理を行っています。

材料受入まで遡れるトレーサビリティ

材料受入から鋼材・加工製品がお客様のお手元に届くまで、一貫したチャージ・社内ロット番号での管理を行い、工程内検査記録を保管管理し、万全のトレーサビリティを実現しています。
それにより、鋼材はもちろんのこと加工製品であっても、万が一納入後の商品に不具合が発生した際は、記録を基に作業者の特定や材料のチャージ・ロット番号の特定を行い、原因の特定から再発防止に向けた是正処置までを確実に可能にしています。

検査の様子携帯型金属成分分析計で検査携帯型金属成分分析計で検査検査項目のチェック検査項目のチェック測定器で検査納品パッケージ

入荷から出荷までの流れ

入荷からお客様への出荷の流れのフロー図

AS9120認証の鋼種は、
さらに厳しい管理基準を設けて最上級の品質を保証します。

  • 作業指示書の色変え

    通常の指示書は薄い緑と青。AS9120認証の鋼材は濃い黄色のシートにすることで明確に区別し、注意喚起を促します。

  • PMI測定を全数実施

    通常は抜き取りで行う入出荷時のPMI測定を全数で実施します。

  • 作業者・承認者の
    技術レベルを限定

    スキルマップを作成し、技術レベルの認定を実施。AS9120認証の鋼材を扱えるのは、レベル2以上の作業者だけに限定しています。工程の引き継ぎも作業者同士に限定。また、承認者の印鑑を施錠管理し、本人が責任を持って承認を行います。

  • 不適合品を施錠管理

    通常でも不適合品は隔離保管していますが、AS9120認証の鋼材においては、保管場所に施錠して不適合品を管理。隔離された不適合品の混入を防ぎ、異材ゼロを実現します。

AS9120とは?

AS9120とは、安全性及び信頼性を重視する航空宇宙産業向けの品質マネジメントシステム。航空宇宙産業のサプライチェーンに関わる物流事業者のほか、卸売事業者や商社を対象とした規格です。
弊社では従来より厳格なロット管理とトレーサビリティ管理に努めてきましたが、認証取得により「さらなる安心」のご提供が可能になりました。

  • 認証規格
    AS9120B
  • 認証審査機関
    DNV GL
  • 認証取得日
    2020年2月24日
  • 認証番号
    10000319412-MSC-ANAB
  • 認証範囲
    鋼材の販売並びに輸入及び輸出
  • 認証事業所
    本社・川口鋼材センター・川口切断工場・川口倉庫

商品・サービスに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合せ※営業時間:8:30~17:30(土日祝日を除く)

TEL 06-6586-5757FAX 06-6586-5858

検査機器

精度の高い検査結果を明確な数値で提供するためにマイクロスコープや三次元測定器、画像寸法測定器など数多くの最新鋭の検査機器を自社で保有しています。さらに透磁率計や真直機、放射線線量機などほかでは見られない機器もそろえています。

  • 三次元測定機Mitutoyo Crysta-Apex C

    「一辺」「奥行」 「高さ」の3つの距離(長さ)を同時に測ることができるため、よりシビアな測定が可能です。

    • 三次元測定機の写真ン
    • 三次元測定機の利用シーン
  • 画像測定器KEYENCE IM-600

    内径・ピッチ・角度から、今図面上の複雑な箇所まで、測定エリア (φ200mmx300mm以内)に測定対象物をおくだけで、1度に最大99か所を簡単・高精度に測定する事が可能です。

    • 画像測定器の写真
    • 画像測定器の利用シーン
  • 形状測定器Mitsutoyo SVC-500

    レバ一式検出器に発生する円弧歪または針先の曲率による誤差はソフトウェアで補正されるため、測定範囲全域(50mm)にわたり高精度な輪郭形状測定が行えます。

    • 形状測定器の写真
  • マイクロスコープKEYENCE VHX

    光学顕微鏡には真似のできない手軽さ、速さで正確な観察ができます。データの保存から報告書の作成まで、デジタルマイクロスコープの記録機能で記録に残し、データを活用できます。×1OOOまでの拡大観察が可能です。

    • マイクロスコープの写真
    • マイクロスコープの利用シーン
  • 携帯型金属成分分析計NITON XLt898W
    Niton XL2-800 & Niton XL2-980s & Niton XL3t-980s

    当社では、ニッケル合金製品および取り寄せ品の入荷時・出荷時に 、成分分析機にて PMI (Positive Material Identification) を行い、異材混入の防止に努めています。

    • 携帯型金属成分分析計の写真
    • 携帯型金属成分分析計の利用シーン
  • レーザースキャンマイクロメーターMitutoyo LSM-512S/LSM-6200

    測定台に材料を載せて回転させる事で、外径公差・真円度·曲がりを同時に測定する事が可能です。

    • レーザースキャンマイクロメーターの写真
    • レーザースキャンマイクロメーターの利用シーン

校正について

校正に用いるブロックケージなどは、全て外部の認定メーカーによる0.01mm単位の高精度な単位で証明しております。各製品の検査成績表を提出することも可能。安心できる品質をお届けします。

測定機器一覧

検査機器名測定範囲等
硬度測定器AR-10 ロックウェル硬度計
デジタルノギス0mm〜1000mm
内側ポイントノギス10mm〜150mm
内側平ノギス10mm〜200mm
デジタルハイトゲージ0mm〜600mm
3点内径マイクロメーターφ6mm〜φ63mm
ピッチノギス10mm〜200mm
デジタルマイクロメーター0mm〜150mm
イーリングマイクロメーター0mm〜25mm
グループマイクロメーター0mm〜25mm
デプスマイクロメーター0mm〜25mm
ネジリングゲージM2.2〜M48 No.4〜1 ” 1/2UNC、その他PF・PT等
ネジプラグゲージM2.2〜M42 No.6〜1 ” 1/8UNC、その他PF・PT等0mm〜1000mm
有効径マイクロメーター0mm〜25mm
シリンダーダイヤルゲージφ7.5mm〜φ18mm

このサイトではCookieを使用して、サイトの利用状況について情報を収集し、データ解析のパートナーと共有しています。パートナーはここで収集された情報とユーザーがパートナーに提供した他の情報、ユーザーがパートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

同意する