SUS303

特徴

SUS303はSUS304に硫黄を添加し切削性を向上させた、オーステナイトステンレスの中で最も加工性に優れた材料です。
硫黄は切削性を向上はしますが、耐食性をわずかに低下させます。よって303の耐食性はSUS304よりも劣ります。

比重7.93

在庫表

※定尺の長さは次の記号により表示しています。
◆1000mm ◎2000mm ▲3000mm ■3500mm ●4000mm ★2500mm~3990mmの切り揃え又は乱尺

ミガキ丸棒対応規格:JIS G4318、ASME A582、EN 1.4305

※3mm-20mmはSUS303Cuになります。
※ロット・サイズにより対応出来ない場合がございます。

サイズ2〜8
22.533.544.455.35.566.3577.188.4
         
サイズ8〜15
8.9599.521010.81111.31212.7131414.314.61515.87
        
サイズ16〜24
1616.31717.31818.3192020.3212222.22323.324
      
サイズ25〜42
25262727.62283030.6323333.33435363840
           
サイズ45~50
42454850           
               
ピーリング丸棒対応規格:JIS G4303、ASME A582、EN 1.4305

※ロット・サイズにより対応出来ない場合がございます。

サイズ8〜26
81012131415161718192022242526
           
サイズ27〜48
272830323334353638404244454648
     
サイズ50〜140
50556065707580859095100110120130140
    
サイズ150〜250
150160170180190200230250       
               
ローレット丸棒
アヤメ/タテメ
68101216181920222430

※ピッチ ・アヤメ 1.11 ・タテメ 1.05
※モジュール 0.33
 特注サイズ別注対応いたします。ご相談ください。
※全て2000L

六角棒対応規格:JIS G4318、ASME A582、EN 1.4305

※ロット・サイズにより対応出来ない場合がございます。

サイズ5〜24
5.56781011121314171921222324
サイズ26〜70
262729303235363841465055606570
      
サイズ75〜80
7580             
               

お問い合わせはフォームへ

化学成分

 NiCrFeCMnSiCoPSMoCuNNbTaNb+TaWVその他
min8.0017.00                
max10.0019.00 0.152.001.00 0.20 (0.60)        

※JIS G4303規格値となっております。詳細は規格本文でご確認ください。

機械的性質

 引張強さN/mm²0.2%耐力N/mm²伸び%絞り%硬さ
min5202054050 
max    HBW187

※JIS G4303規格値となっております。詳細は規格本文でご確認ください。

規格

 材質名丸棒パイプ
シームレス溶接管
JISSUS303G4303/G4318G4304/G4305  
ASTMS30300A582A895  
ASMES30300SA582   
DIN/EN1.4305    

お問い合わせはフォームへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、入力ミス、プログラムミス、翻訳ミス等により誤った情報を表示している可能性があり、その内容(技術および規格資料・在庫資料などのすべての提供形態が該当します)について保証するものではありません。株式会社オーサカステンレスは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

製品一覧

CONTCT

オーサカステンレス

商品・サービスに関するお問い合わせ

電話:06-6586-5757
FAX:06-6586-5858

E-MAIL:info@osc21.co.jp

営業時間:8:30~17:30(土日祝日のぞく)

お問い合わせフォームへ

このサイトではCookieを使用して、サイトの利用状況について情報を収集し、データ解析のパートナーと共有しています。パートナーはここで収集された情報とユーザーがパートナーに提供した他の情報、ユーザーがパートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

同意する